ホーム / 節約術 / うちのプロパンガス高い・・・そんな人は必見!~賃貸編~

うちのプロパンガス高い・・・そんな人は必見!~賃貸編~

賃貸の物件で、その地域に都市ガスが通っているにも関わらずプロパンガスを導入している場所はあります。それはなぜでしょうか?

それは都市ガスに比べて、プロパンガスは初期費用が安いからです。というのもその物件を建築する時にプロパンガス事業者が給湯器やガス管などの設備費を負担して、その代わり長期契約を結ぶなどして初期費用を削減することが可能なのです。

その場合、ガス代が高いからと言ってプロパンガス事業者を変更することはできません。

ではどのようにして電気代を下げればいいのでしょうか?

プロパンガス会社に値段交渉しよう!

まずは個人で直接ガス会社に連絡するよりも、もし築年数等を含め、ある程度時が経っているようだったら管理会社にガス代について相談するのがおすすめです。というのもプロパンガス事業者が管理会社に掲示している価格表と実際の価格表が違うことがしばしばあるのです。現在のガス代を管理会社や大家に伝えることでガス代が安くなるかもしれません。

 裏ワザも紹介します!

賃貸の集合住宅ではむしろプロパンガス事業者との値段交渉は有利に進められるという情報もあります。

なぜかというと、集合住宅内の消費者の値段交渉を突き返してしまうと後日、集合住宅内で協力して値段交渉されるリスクがあるからです。つまりプロパンガス事業社としては複数人のガス代を値下げするよりは1人のガス代を値下げする方がいいので、個人で値段交渉に来た賃貸の居住者を邪険には扱えないのです。

 

以上です。もし賃貸に住んでいる方で、自分の家のガス代が高いと思っている方は実践してみてください!

次はこの記事

年間のガス代の20%を節約するための鍵ベスト3

年間のガス代の20%を節約するための鍵ベスト3

ガス料金は、割と高くなってしま ...