ホーム / 節約術 / お風呂でガス代を抑えて節約しよう!

お風呂でガス代を抑えて節約しよう!

家庭でもっともガスを使用する場面はお風呂場です。日本では昔から湯船に浸かることが伝統でしたので、ご家庭でも毎日お風呂を溜めるところが多いと思います。

つまりお風呂でのガス代節約が家庭のガス代節約につながっているという訳なのです。

そこで今回は、今日から使える節約術を紹介します。

お風呂での簡単節約術!

・お風呂の給湯器や瞬間湯沸かし器は自動でお湯を溜めてくれて、さらに放っておいても保温してくれるのでとても便利ですが、これは電気代も余分にかかってしまいますし、さらにガスの種火もつけっぱなしにすることになってしまいます。ガスを使うときだけ、こまめにスイッチをON/OFFにするだけで月360円のガス代の節約になります。

・ シャワーを浴びる時には節水できるシャワーヘッドを使うことにより、シャワー時のガス代と水道代節約になります。

・温給湯器の温度の設定を下げることによりガスの消費量が減ります。真冬などは難しいかもしれませんが、少し肌寒いこの時期なら思い切って設定温度を下げてガス代を節約しましょう。

 便利なお風呂アイテムを利用しよう!

世の中にはお風呂でのガスの使用量を減らすための便利なアイテムがたくさんあります。そのアイテムを駆使してお風呂でのガス代を節約していきたいですよね。

今回は特におすすめの2つを紹介したいと思います。

いつでもあったかお風呂!風呂バンズ600

この風呂バンズ600を浴槽にいれておくことでお湯が冷め始めると同時に、自動でヒーターが過熱を開始し、浴槽のお湯を長時間、適温にキープできる、とても便利な電気バスヒーターです。

この風呂バンズ600を1日使っても、電気代は約130円ほどしかかからず追い炊きなどをするのに比べて高い節約効果があります。

ふろっキー

お風呂に入っていると浴槽の下の方が冷たくなっているという経験をしたことはないですか?それは風呂釜で冷めた水が浴槽に戻ってきてしまうのが大きな原因だそうです。このふろっキーを使えば風呂釜で冷めた水が浴槽に戻ることを防止して浴槽内の温度低下を和らげてくれます。

このふろっキーを使えば月に約3000円のガス代を節約することができ、1年では36000円ものガス代節約になります。

以上が簡単なお風呂での節約術です。ぜひ実践してガス代を節約してください!

次はこの記事

年間のガス代の20%を節約するための鍵ベスト3

年間のガス代の20%を節約するための鍵ベスト3

ガス料金は、割と高くなってしま ...