ホーム / 豆知識 / エネファームとは?

エネファームとは?

 近年オール電化住宅などに転居する方も多いと思いますが、それと同じくらいエネファームの普及率も増えています。

 ではそもそもその最近人気のエネファームとはなんなのでしょうか?今回はそれに関して説明したいと思います。

エネファーム

            出典:東京ガス

 エネファームとは

エネファームは「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」の愛称です。つまり燃料電池とコー ジェネレーションの両方の機能を有しているということになります。この説明だけではなかなか理解しづらいと思いますので、詳しく説明していきます。

端的に言えばエネファームは都市ガスを使って、「電気」と「お湯」を同時に作り出すものです。

クリーンなエネファーム

 エネファームは石炭や石油に比べて燃焼時の二酸化炭素や窒素酸化物、硫黄酸化物などの大気汚染の原因となるものの排出量が少ない「天然ガス」を利用しているため、非常にクリーンなエネルギーを使用しています。

電気とお湯を同時に作り出す仕組みとは

 発電時に発生する熱を回収し、約60℃のお湯を作り、給湯のために利用します。発電の際に発生する熱を有効に利用することで無駄なくエコにお湯と電気を使えるのです。

都市ガス全面自由化における課題を検証!

 エネファームのメリット

メリットの多いエネファーム

 前述した通り、エネファームの最大のメリットはエコであり電気代を削減できることです。それ以外のメリットも紹介します。

・一部の製品は停電時に自立運転が可能

・国や自治体の補助金制度が設けられている

・燃料電池を採用しているため発電時の騒音が少ない

・エネファームを設置している住宅には専用のガス料金優待プランが存在する

・リモコンのモニターから、リアルタイムで発電量や使用電力量を把握できる

 エネファームの大きな利点として、コージェネレーションシステムが挙げられます。コージェネレーションとは、電力供給の際に発せられる熱エネルギーをお風呂やその他生活に役立てるシステムを指しますが、それだけ光熱費削減に繋がります。

 また、開発が進むにつれて値段も加工傾向にあるため、より買い求めやすいシステムとなっています。発電力も自分で使えるため、その点も値段以上のお得感を生み出すでしょう。

 エネファームのデメリット

少なからず残るデメリット

・停電時に自立運転ができない製品の割合が多い。

・製品価格が高い

・太陽光発電と異なり、発電した電力を電力会社に売電することができない

・メンテナンスや点検をしっかり行ってもエネファーム自体の寿命は最長で20年ほどしかない

・原料である天然ガスは海外からの輸入で賄っているため、輸入価格が高騰したときの家庭へのダメージが非常に大きい

 一方でデメリットですが、値段が下落傾向にあるとはいえ、製品価格が未だ高いと感じることが多いのも事実です。

 また、自分達で発電できるというとその電力を買い取りに出せるのでは、と思われるかもしれませんが、これはできません。太陽光発電とは違い、自分達で消費することが求められるため、その点は考慮しておく必要があるのです。
 

以上がエネファームについての説明でした。まだまだ課題は多いですが、魅力も多いエネファーム。ぜひ購入を検討してみてください!

次はこの記事

Abstract Business People take the ultimate gamble on their business futures by playing with the Gambling Dice of Fortune. Foolish or Brave.

意外と知らないガスのトリビア

ガスを利用していることは、面白 ...