ホーム / 豆知識 / ガスは梅雨の味方

ガスは梅雨の味方

梅雨時のカビ対策にはガスがいい

 梅雨の悩みと言えば、一番厄介なものは、カビが生えやすいことです。特に浴室のカビが非常に起こりやすくなり、定期的な掃除をしないことには対策をすることができません。結構大変な思いをして掃除をしなければならない、思っていた以上に取ることが難しいなど、綺麗にしたいと思っているときに苦労することばかりになります。しかし!そうした問題を、ガスが解決してくれることもあります。乾燥機を利用することによって、カビ対策をすることができるのです。

 ガスを使うことによって、部屋全体の湿度を軽減できるようになります。湿度が高くなってくると、カビの発生確率は大きく上昇することになりますので、そうした問題が起こらないように、湿度を下げてしまえばいいのです。しかし、梅雨時は雨が降っていますので、湿度の高さを調整することがかなり難しいです。そこで乾燥機を利用することによって、強制的に湿度を減らせるようにして、梅雨時期に起こりやすいカビの発生を防げるようにします。

ガスとシャワーを活用して梅雨時の対策を

Close up of female hands with rubber gloves cleaning bathtub

 とりわけ浴槽では、梅雨時期のカビ繁殖が非常に懸念されていることもあり、何とかして抑える工夫をしていかなければなりません。一番簡単にできることは、シャワーを利用することです。カビが生えてしまうところに、シャワーで汚れを落とすようにして、それから乾燥機を利用することになります。シャワーを利用して、風呂上がりに綺麗にする習慣を作ってしまえば、実は結構高い効果を得られます。

 ただ自然乾燥させればいいと思う人もいるかもしれませんが、それではしっかりと乾燥させることができなくなり、カビの繁殖が起きてしまいます。まずはしっかり洗い流すことが大事であり、梅雨時は特に念入りに行ってください。しっかりやっていれば、カビの繁殖は大幅に軽減されることとなりますし、ガスを利用して乾燥させれば、ほぼカビが発生してしまうことはありません。繁殖しやすいものを、先に洗い流してから乾燥するので、余計なものが残っていないまま乾燥できるのです。カビ掃除をする回数が減りますので、面倒なことを毎日やらなくても大丈夫です。

 ガス乾燥機は結構簡単に設置できるものもありますし、浴室以外にも、様々なところで使えるものが販売されています。

梅雨時期のガスの事故を防ぐ為に注意するべき点

 また、ガスは安全面が心配と感じている方や、安心して浴槽を利用したいと思っている方は更に2つの点に注意してください。

 ガスは快適な生活を過ごす為に必要不可欠なエネルギーですが、使用方法を間違えると事故に繋がる可能性があります。ガスによる事故で多いのが一酸化炭素中毒で、死亡事故も多くなっています。 一酸化炭素はガス機器から発生するものですが、目に見えないので気が付かないことが多いのです。

 ガスによる事故を防ぐ為に、一つ目は日頃からガス機器を正しく使い、少しでも普段と違う点があればすぐに対処することが大切です。二つ目は換気をすることが大切です。 ガスを使用している時には換気扇を回したり、窓を開けておくことを忘れない様にしましょう。 特に梅雨の時期はジメジメしている為に窓を開けると湿気が入ってしまうことから、換気を怠りがちです。 エアコンを使用していれば良いのではと考える人もいますが、ガスを使用中は外気との空気交換が必要ですので梅雨の時期でも換気をしましょう。

 また、ガス機器によっては排気管や煙突がついているものもあります。 この排気管が外れたり破損していると一酸化炭素が漏れたりして事故の原因となるのです。 排気管が屋外に出ている場合は梅雨の時期に腐食して穴が開いていないかなど確認しておくべきです。 排気管の中にゴミが詰まっていたり、鳥が巣を作っているなどでガスの排気が十分にできずに事故に繋がるケースもあります。 梅雨の時期を快適に過ごす為にも、ガス機器は本体だけではなく配管部分もしっかりと点検を行い、ガスを用いて安全で快適に梅雨を乗り切りましょう!

その他の梅雨の対策はこちら

次はこの記事

Abstract Business People take the ultimate gamble on their business futures by playing with the Gambling Dice of Fortune. Foolish or Brave.

意外と知らないガスのトリビア

ガスを利用していることは、面白 ...