ホーム / 節約術 / ガスエアコンは節約につながるのか?その問題点は?

ガスエアコンは節約につながるのか?その問題点は?

ガスエアコン

 
あまり知られていないのですが、エアコンには電気で動くものの他に、ガスで動くものがあります。

 電気式のものとガス式の物、どちらが安く利用できるのでしょうか?

ガスエアコンと電気エアコン何が違う?

 ガスを用いたエアコンは、電気を用いる物より効率が良いとされ、特に業務用などの超大型空調機に使用されています。都内の大型設備、例えば東京ドームや、何棟ものビルを共通で冷やせる空調システムなどは、このガス式の物が使われています。ちなみに、空気の温度を変えるためのシステムとしては基本はどちらも同じと考えて構いません。

 エアコンは、冷媒を圧縮した際に発生した熱と、気化した際に下がる熱のバランスで空気の温度を変更しています。この時、圧縮によって高くなった熱を冷却すれば、気化した際により低い温度で気化できます。

 圧縮にはコンプレッサーと言う圧力をかけるポンプのようなものを使うのですが、このポンプを電気で動かすか、ガスで動かすかがこの二種類のエアコンの大きな違いになります。

 電気式の場合にはモーターを普通に電気で動かしているのですが、ガスの場合にはガスを燃焼させるエンジンによって動力にしています。その為、このタイプのエアコンでは、どのサイズの建物を冷やすかによって効率が変わってきます。

知っておこう!ガスエアコン

ガスエアコンの問題点と対応策

 現在、よほど古い物でない限り、一般家庭向けのガスエアコンは販売されていません。業務用としてはかなり活用されており、ビルや大型商業施設などで広く利用されています。

コスト面

 費用面の問題としては、導入費用はガス式が高く、ランニングコストでは電気が高くなります。これは、ガス空調には補助金が貰えるためで、大抵の場合には数年で初期費用分がペイできます。

 こう考えると長期間利用すればガス式の方がお得に思えますが、冷却用コンプレッサーの動力としてエンジンを使用している関係で、車のように定期的なメンテナンスが必須となってしまいます。

 また、エンジンを利用する以上、ある一定以上の面積を冷やす用途でなければ動力に余剰が起こってしまいます。

騒音面

 さらに、冷却中は常にエンジンが動いているため、近隣への騒音などの問題もあります。

 近年では、周辺住宅への影響の少ない大規模工場や、コンプレッサー部を地下施設化することにより騒音を低減するなどの方法がとられています。

 東京都内などにある新しいビルでは、周辺数棟のビルの空調を一か所の施設で賄う方式が使われています。

 工場のように一つの施設で一気に冷却、加熱を行い、各ビルの設備でそれを元に適温へと変更して温度管理をしているのです。

意外と知らないガスのトリビア

ガスエアコンがお得になるケースは?

 新しくマンションやアパートを借りた際、エアコンがガス式だったなんて事もまれにあります。

 この手の製品は寒い地方で使われている事が多いのですが、温度を変更するのに、エンジン式のコンプレッサーではなく、違った方式で動作するものが取り付けられています。

 その方式は冷媒加熱式と言われるもので、冷却は電気式と同じ方式となっているのですが、冬場の加熱にガスを燃やした熱を利用しています。

 解りやすく言えば、夏は普通のエアコン、冬はガスファンヒーターもどきになっているイメージです。

 このため、使用するガスがプロパンガスだった場合には費用がかなり高くなる可能性があります。逆に普通の都市ガスなら、一般的な電気のみを使ったものより暖房効率が良くなるため、光熱費が二割程度削減できます。

 もし工場やビル全体に空調設備を付けるならガスが安く、一般家庭なら電気式の方が安くなります。使う場所に合わせた空調設備を選ぶことが長期的な視点での経費削減につながります。

 短期的に安く見えても、将来的な燃料費の向上や電気代の変化、ガス自由化や電力自由化などの要因で変化する可能性もあるので、導入時には専門家による調査も考えましょう。

次はこの記事

Asian women under the rain with rain coat and umbrella

梅雨になるとガス代が節約できるようになります

目次1 季節の変化でガス代節約 ...