ホーム / トップニュース / ガスファンヒーターとエアコンの電気代を比較!

ガスファンヒーターとエアコンの電気代を比較!

11月に入り、暖房シーズンになりますが、みなさんはエアコンとガスファンヒーターのどちらをつかっていますか?今回はガスファンヒーターとエアコンの電気代を比較してみたいと思います。

計算によると、外気温 5度のときに六畳間を一日 20度に暖房するのに必要なエネルギーは 16kWh程度です 。

プロパンガスを使用している家庭がファンヒーターを使った場合

プロパンガスで暖房する場合のガスの量は 0.6㎥ 程度必要です。現在の東京でのプロパンガスの従量単価が504円なので約302円かかります。

都市ガスを使用している家庭がファンヒーターを使った場合

都市ガスの場合だとガスが 1.28㎥ 必要で、東京ガスの現在の基本料金が 129.6円くらいなので約166円かかります。

エアコンの場合

電力会社は会社間の価格差が小さいので、エコポイント制度以降のエアコンを使用した場合の電気代は 80円から 100円くらいです。

エアコンの暖房コストは 24時間で缶コーヒー一つ分よりも安く、ガスファンヒーターの暖房コストは3倍にもなるという結果が出ました。

暖房能力は、ガスが最も暖かい

ここで忘れてはいけないのは、発熱量の違いにより暖房能力にも差があることです。

発熱量だけ取れば「ガス>灯油>>エアコン」で、ガスが最も暖かいと言うことになります。「朝の忙しい時間にサッと部屋を暖める」なんて時は、エアコンだと力不足を感じるかも知れませんね。

 

次はこの記事

Energy efficient house.

大手都市ガス業者赤字に転落

目次1 大阪ガス純利益が前年の ...