ホーム / top記事 / ガス自由化に電力会社も参入!

ガス自由化に電力会社も参入!

 電力自由化によって、様々な企業が参入したことはよく知られています。ガスの自由化も行われることが決まっており、参入企業が続々と準備を進めていますが、実は電力会社が既に参入することを決め、準備を進めているのです。

電力参入

 

その他地域電力会社もガス販売に乗り出す

    

なぜ電力会社がガス事業に?

 電力自由化を行ったことで、電力会社は小売としての顧客を減らしてしまうこととなりました。供給という部分では、小売業者に販売している部分もありますので、実際にはそこまで減っていないものの、稼ぎ口とされている小売の顧客が減ってしまったことは、非常に利益に影響する部分となっています。そこで電力会社は、ガス事業への参入を行うことを決めました。
 
 ガス関連の事業に利用できる、天然ガスを保有していることが大きな理由となっています。火力発電は石炭だけでなく、ガスを利用して行っているところもありますので、これを家庭用に提供することで、利益を取り戻すことができる可能性があります。

 無駄になってしまうガスを作らないためにも、より多くの分野に出せるようにする工夫は必要なのです。

 電力会社は、持っているガスを他の分野にもしっかり活かして、それによってさらなる利益確保と、失われてしまった顧客を取り戻すための作戦を考えているのです。

    

どのような電力会社が参入するのか。

 全ての電力会社が、参入することを決めているわけではありません。参入することになるのは、大きな企業が主体となり、都市ガスを提供できるところです。

 プロパンガスは、提供するメリットがあまりないため、都市ガスの自由化によって参入することにして、電力以外の部分でも稼ぎを期待したいと考えています。

 都市ガスは、提供されている範囲が限定されていることもあり、参入できる電力会社は大きく限られています。地方の電力会社は参入する予定を持っておらず、都市部の会社だけが準備を進めて、提供できるエリアの設定や、パイプラインを構築できないかなどを踏まえて検討しているのです。

 顧客を多く失っているのは、電力自由化によって大量に流出している都市部の会社です。こうした会社がなんとかして利益を再度増やすためには、取り戻すための方法を考えることとなります。都市ガスを活用できることがあれば、安く提供して顧客を別の方法で増やすこともできるのです。

都市ガス新規参入事業者予測!


 

東京電力のガス販売

    

東京電力のガス販売方法

 東京電力は、ガス販売事業にいち早く乗り出しており、2つの方法を利用して販売しています。1つはガスのパイプラインを利用するもので、今まで行われているものと全く変わらない方法を採用しています。

 提携している会社のラインを利用して販売しており、現在持っているガスを、そのパイプラインを利用して送り出すことで、そのまま活用できる工夫をしています。

 もう1つがローリーを利用して輸送する方法です。これは長距離も可能になっていて、利用できるエリアが広がっている反面、使える条件がパイプラインに比べて厳しいことから、企業向けのサービスとして提供されている部分が強いです。

 東京電力のガス販売方法としては、この2つを活用していることが多いです。

 供給できる範囲はまだ限定的なものとなっていますが、既に準備がほぼ進められていて、自由化に向けても戦略を練っているところです。2017年4月までに、更なる範囲拡大を狙って計画を立てています。

    

既存ガス会社と提携

 東京電力は、家庭向けのパイプラインを持っていないために、提携する相手が必要となっていました。自由化に向けての提携も含めて、5月に日本瓦斯と提携することで合意しており、ガスを東京電力が供給して、日本瓦斯のラインを利用して販売することが既に決まっています。

 これによって、確実に販売できる状況を作り、いち早く準備が整っているところを示すことができるのです。

 提携を早めておかないと、2017年に向けての動きを加速させることができないため、色々と苦労することが多くなります。日本瓦斯は関東を中心に提供している会社であり、電力自由化でも参入している企業です。このラインを活用して、関東のエリアを拡大させつつ、供給しやすい状況をつくています。

 既に準備も進められていて、日本瓦斯のラインを活用しての販売も行われています。提携が早かったことは、確実に期限までに間に合わせることができる点と、提携相手との更なる協力体制を作ることができます。

都市ガス新規参入企業への壁とは


 

関西電力のガス事業

    

関西電力の事業内容

 関西電力も、自由化によって家庭用のガスを販売したいと考えている企業であり、現在そのために必要な準備を進めています。家庭用以外の部分で、企業向けに提供しているガスはそれなりに多くありますが、これを家庭用にも広げることで、更なるガス事業拡大を図ろうとしています。目標は2025年までに倍増することで、よりガスによる利益を増やそうとしています。

 行っていることとして、まずは事業拡大のための整備を行っています。ガスを送り出すための設備を作ること、タンクローリーなどによって販売できるエリアの拡大と拡充、そしてガス販売事業に携わる人員の育成が行われています。全ては2017年から始まる、ガス自由化に対応するための方法です。

 もちろん電気とのプランを作ることによって、電気とガスの両方をしっかり利用してもらいたいと考えています。そのためプランの構築も急ピッチで進められており、新しいプランが2017年早々に発表されるものと見られます。

    

高い天然ガスシェア率を活かしてガス事業に参入

 電力会社がガス事業に参入することは、それなりにガスを大量に持っていなければなりません。天然ガスを大量に持っていないと、火力発電に利用できるものが無くなってしまったり、販売する量を増やせなくなってしまうために、家庭用で問題が起きてしまうこともあります。

 ただ、関西電力は、天然ガスのシェアで国内4位を誇っており、多くの量を持っていることがわかっています。

 シェアを多く持っていても、残っている量が多くなってしまうと、その持っている効果を発揮することができません。大量に持っているなら、それを提供できる状況を作っておきたいと考えて、ガス自由化に参入したいと考えています。元々関西電力は、火力発電がそこまで多くないこともあり、ガスのシェアに対して利用している量が少ない部分もあります。

 大量にガスを持っていることで、供給できる量の心配は基本的にありません。安心して提供できる状況を作り出し、更に安い金額での提供を目指します。

次はこの記事

電力自由化とガス自由化の相違点と共通点

電力自由化とガス自由化の相違点と共通点

電力自由化とガスの自由化は、似 ...