ホーム / 節約術 / シャワー1回いくらしてるの?今すぐできるシャワーの節約方法!

シャワー1回いくらしてるの?今すぐできるシャワーの節約方法!

シャワー

  
 毎日の入浴で湯船ではなくシャワーのみで済ませているという方も増えてきています。特に単身の方や若い方に多いようで、結婚などで家族が増えると、ガス代が高くついてしまったなんて話も聞いたことがあります。それでも湯船よりシャワーの方がいいという方もいらっしゃると思いますので、シャワーだけを使用した場合に、どうすれば安く済ませられるのかを紹介していきます。

一分間にかかるシャワー代を計算してみました

 まず、シャワーを使った時にかかるガス代を計算してみましょう。

 ガス代は、通常の水道水の温度を目的としている温度にあげるために必要な量によって変化しますし、使う水の量によっても変化します。ここでは、ガスの料金を東京ガスの東京地区を基に計算していきます。

 ガス1m3当たりの料金は、東京なら142円になり、燃焼量は10,750kcalとなります。また、シャワー一分当たりでは10Lほどの水を使いますので、これも考慮します。そこに、一年間の平均的な温度である15℃として、15℃を40℃にあげてシャワーを使う場合には、
 
 湯量×上昇する温度÷燃焼量×ガス単価と言う計算になります。

 給湯機によって熱効率が変化するため、今回は計算に含めません。

 今回の条件では、10L×25度÷10,750kcal×142=3.3円 一分間のシャワーで大体3.3円使用する結果になりました。

大家族ほど節水のメリットがあります

 ただ、家庭用給湯器の熱効率は大体一般のもので80%、高効率で95%となっているので、その部分を含めるなら、一般の給湯器なら、二割増しで3.9円、高効率なら3.4円程度になります。

 つまり、節約を考えると、一分間使用するのを控えるだけで3.3円、それが毎日となると30日で約100円の節約になります。今まで頭を洗っている間も出しっぱなしにしていたとすると、それだけで一日数分無駄にお湯を出しているはずですので、一日10~15円、さらに家族が居るとすると、人数分が節約できるようになります。

 二人暮らしだとすると、洗髪中にシャワーを止めるだけで一日2~30円、月に直すとおおよそ1000円も変化します。

簡単!シャワー節約術!!

すごい簡単な節水方法とは?

 という訳で、節約するにはシャワーの使用量を減らすのが効果的なのですが、体や頭を洗ったり、体のお手入れをしている時に止める以外にも節約する方法があります。

シャワーヘッドの有効活用

 それは、節水タイプのシャワーヘッドを使用する方法です。ホームセンターなどでは取り換えるだけで水の量を減らしつつ、使用感がほとんど変わらない物が販売されています。効率の良い物なら、水道の使用量を6割まで抑えられます。

 そうなると、一分当たりの使用量が60%になるので、トータルのガス代も6割まで抑えられます。家族が多かったり、シャワーを浴びる時間が長いという方はこちらを使っても良いでしょう。

 節水タイプのシャワーヘッドは大抵の場合自分で簡単に交換可能ですし、ヘッドそのものの価格も高くて一万円程度、安い物なら5000円以下で購入できるので、一年も使えば確実に元が取れます。

 また、物によっては湯量が必要な時には手元のスイッチで湯量を変化させられる物もあり、頭に付いた泡を流す時だけ湯量を多くするなどの使い分けも可能となっています。

 シャワーは家庭で使われるガス器具の中では特にガス料金がかかると言われています。その為、節水ヘッドや、合間でのこまめな停止を行う事により、すぐに節約の効果が表れます。

 これは、家族が多かったり、使う時間が長いほど効果が高く表れます。今のガス料金が月に5000円以上かかっているなら、シャワーヘッドを節水にしてこまめに止めるだけで1000円程度削減できる可能性があります。節水しすぎて折角の入浴タイムが不便にならない程度に節約してみましょう。

お風呂とシャワー、どっちの方が安いのか

次はこの記事

Asian women under the rain with rain coat and umbrella

梅雨になるとガス代が節約できるようになります

目次1 季節の変化でガス代節約 ...