ホーム / トップニュース / ビールの決め手は炭酸ガス?

ビールの決め手は炭酸ガス?

夏と言えばキンキンに冷えたビールですよね。

仕事帰りに居酒屋やビアガーデンで味わうビールが何よりの楽しみという方も多いと思います。特に、お店で飲める樽生ビールは缶より美味しく、いくらでも飲めてしまいます。何故缶と樽ではこんなに味が違うのでしょうか?

樽

実際に飲んでみると、缶と樽ではかなり味が違います。

中身が別なのかと思ってしまいますが、実際には同じ工場で同じように作られています。同じタンク内のビールが缶に詰められるか樽に詰められるかの違いしかありません。
どうやらこの詰め方に味の違いの秘密があるようです。炭酸飲料では、飲むまでに炭酸が抜けてしまわないように二酸化炭素を詰めて内部の気圧を高くしています。

違いは、樽と缶の圧力の差です。

缶ビールは樽生と比べ、圧力が高めに設定されています。その為、実際に飲んで見ると樽と比べて炭酸を強く感じてしまいます。

もう一つは、飲み口の違い

缶から直接飲むと、口にアルミ缶が当たって金属っぽさを感じます。この時、ビールには金属の臭いがかすかに移ってしまいます。ビールは麦やホップなど、様々な香りが絶妙なバランスで組み合わさっているため、余計な臭いが少しでも入ってしまうとそれだけで味が変わってしまいます。樽ならグラスやジョッキで飲むので、無味無臭なガラスのおかげで臭いが移りません。

缶と樽では樽の方が美味しいのは間違いないようです。ただ、要因を見てみると、缶でも飲み方次第でお店と同じ味を出せそうです。炭酸ガスが多くて刺激が強いならガスを減らして飲めば良さそうですし、金属の臭いも注ぎ方で何とかなりそうです。

缶ビール

樽と同じくらい缶ビールをうまく飲む方法

色々調べてみたところ、缶ビールを樽生と同じ味にする方法を見つけました。その方法は「三度注ぎ」と言う方法で、缶の弱点である臭いも炭酸の強さも解消できるようです。

やり方はとても簡単で、まずきれいなグラスを用意しておきます。グラスは冷凍庫で凍らせておいても良いですし、常温でも構いません。金属製のタンブラーではなくガラスの物を使ってくださいね。

後は、グラスを傾けず、少し勢いを付けてグラスの3割程度注ぎ入れます。泡が大量に出ますが、落ち着くまで待ってからもう一度注ぎます。
二回目はグラスから泡がはみ出るまで注ぎ、また自然に泡が落ち着くまで待ちます。最後は泡をあまり立てないようにゆっくり注ぐと、お店で入れてもらったような細かい泡と柔らかい口当たりのビールが出来上がります。

実際に自分でも試してみたのですが、炭酸が適度に抜け、缶の風味も無くなっていました。泡も細かくて綺麗なので、のんびり飲んでいても最後まで泡が残っています。お店と一緒かどうかは何とも言えませんが、少なくとも感から直接飲むよりは美味しく感じました。

ビール

ただ、一回入れるのに数分かかってしまうので結構面倒です。サントリーのサイトでは別のやり方が紹介されており、そちらも試してみたところ、三度注ぎとほぼ同じでかかる時間も短くなりました。
こちらのやり方は、一度目は同じやり方なのですが、二回目をゆっくり注いでおしまいです。三度注ぎと比べると少々炭酸が強めに残りますが、そこまで気にはなりません。
面倒な方はこちらの方法もおすすめです。

お店で飲めるビールは国産のものが多いのですが、気分を変えて海外のビールもオススメです。特に、ベルギーやドイツのビールは日本の物とはかなり違う味わいで、ゆっくり味わう飲み方に最適です。食後にゆっくり飲みたい時や、休日に味わいながら飲む時にぴったりですので、もしお店で見かけたら試してみてくださいね。

次はこの記事

Energy efficient house.

大手都市ガス業者赤字に転落

目次1 大阪ガス純利益が前年の ...