ホーム / プロパン・lpガスニュース / プロパンガスが高いのは仕方がない!?

プロパンガスが高いのは仕方がない!?

プロパンガスは都市ガスに比べて高いと言われています。実際どうなのでしょうか?プロパンガス事業者はそれぞれの消費者に対してそれぞれの料金でプロパンガスを提供しているため、プロパンガス料金は非常に複雑化されているのが現状です。なので、プロパンガスが高いと感じるのはプロパンガスの小売市場で料金の競争原理がしっかり働いていないのか、仕方ないことなのかわかりづらくなってしまっています。

そこで今回プロパンガスの料金が高いと言われている理由を調べてみました。

 プロパンガス会社が割高なガス料金で契約をしている

自由料金であることをいいことに、消費者の顔色を見てそれぞれの消費者のプロパンガス料金を決めているプロパンガス事業者が存在するのは残念ながら事実です。

そのような場合の対策はこちらの記事を見て対処してください!

プロパンガスで損をしないために絶対に知っておくべきこと

プロパンガスが割高なのはしょうがない!?

前述したプロパンガス事業者は存在していますが、実際全てのプロパンガス事業者がそのような不当な料金で消費者からお金を搾取しているわけではないです。

最も消費者の立場から考えた時に都市ガスやオール電化にした際の電気代とプロパンガスの料金が変わらない方がいいと思うのは当然の事であり、またプロパンガス事業者としても消費者が離れてしまわないようになるべく公共料金と差をつけないように努めているのです。

しかし実際問題プロパンガスが都市ガスなどの公共料金よりも割高になってしまっているのはどうしてでしょうか?

割高な原料費

プロパンガスの原料はLPG(液化石油ガス)で、都市ガスの原料はLNG(液化天然ガス)です。

LPGとLNGでは輸入価格でもLPGのほうが割高になってしまっているため最大限コストカットしたとしても価格差は出てしまうものなのです。

プロパンガスの供給に必要な運送費

プロパンガスは都市ガスと違い、それぞれのプロパンガス事業者が家庭までガスタンクを運んでいてそのタンクからガスを供給しています。タンクの中に入っているプロパンガスが少なくなるとプロパンガス事業者がタンクの交換に来るのでプロパンガスを使用するに当たり、運送費は少なからずかかってきてしまうのです。その運送費もプロパンガス料金に含んでいるためにインフラが整備されている都市ガスに比べて値段が割高になってしまうのです。

次はこの記事

Lake Yunoko

栃木県のプロパンガス料金

目次1 栃木県の平均プロパンガ ...