ホーム / top記事 / プロパンガスを都市ガスより安く使う方法はあるのか

プロパンガスを都市ガスより安く使う方法はあるのか

 都市ガスは比較的安く販売されていることで知られていますが、プロパンガスはかなり高い料金が適応されています。これを都市ガス並みの金額で購入するのは大変ですが、実はある方法を使えば可能になる場合があります。

プロパンガス

 

なぜプロパンガスは高い?

    

プロパンガスは自由料金

 都市ガスは、これだけの金額で供給することを決められているため、その基準に合わせてすべての企業が提供しており、範囲を超えないようにしています。

 一方でプロパンガスは、自由料金で供給してもいいために、料金の設定はガス会社が勝手に決めてしまうのです。これによって、利益を優先する姿勢を持っているために、高額な料金設定がされることもあります。

 プロパンガスを提供している会社は非常に多く、地方ではかなりの会社がプロパンガスを活用しています。

 料金設定は、地方によって異なっているケースが多く、その地方内で一番安い水準を持っていれば良いと判断されています。かなり高額になってしまうのは、プロパンガス自体の価格も高いのですが、それ以上に会社側の設定が高くなっているケースが多いです。

 こうした状況が起きてしまっているのは、価格競争という部分も影響しています。色々な影響によって、どんどん価格に影響を及ぼしていることも事実です。

    

流通経路と価格競争

 プロパンガスは、まずガスを作っている国からタンカーなどで運ばれます。国内で作っている場合は、原油から抽出してプロパンガスにしているのですが、これでは全く足りないため、結局輸入に頼るしかありません。

 これを貯蓄する施設に入れて、利用する分を元売業者が卸売業者に販売します。卸売が小売業者に販売することによって、最終的にガスの供給は契約している人のところまで行きます。

 このように、元売と卸売、更には小売を経由する3重構造となっており、実はこの段階で価格競争が起きてしまっています。

 価格を引き上げてしまおうか、それとも下げようとしているのか、会社によって方針を考えながら、契約する金額をなるべく抑えられるようにしています。

 最後の小売は、競争の中で一番安い水準にしているのですが、元売が販売している価格よりも結構高くなっています。これを補填するために、小売は契約者に対して、プロパンガスを都市ガスよりも高い金額で販売しているのです。

都市ガスとプロパンガスの違いを具体的に見てみる


 

どうすれば安くプロパンガスを利用できるのか

    

適正料金で利用する

 
 プロパンガスを安く利用したいと思っているなら、適正価格を知ることです。会社によって価格は異なっていますが、適正とされている金額は当然あります。その金額で利用することができれば、とりあえず安く抑えることが可能となります。

 一部の団体が、料金をこれくらいに定めるように指導を行っており、それによって価格が一定範囲内に抑えられているかどうかを判断できます。

 その適正価格というのは、基本料金が1500円であり、それに加えてガスの単価が300円から330円の間になるようにしています。この数字を超えてしまった場合は、適正価格を超えてしまっているので、損をしている可能性が高いです。業者を比較すればわかりますが、この適正価格より高いところも結構あります。

 安く抑えたいと思っているなら、この適正価格をしっかり把握しておかなければならないですし、価格を知らないまま契約しないように気をつけて、しっかりと情報を確認してください。

    

優良プロパンガス事業者の見極め

 
 悪い業者を利用することは、多くの金額を捨ててしまう可能性が出てしまいます。そうしたことを起こさないためには、とにかく契約する金額が適正料金で、なおかつ金額の変更について通知を適切にしてくれることが重要になります。この2つを守っている、優良な業者と契約することが、プロパンガスを安くすることにつながります。

 問題のない料金設定をしていることと、余計なお金を取らないようにしていることが非常に大事です。

 そして、金額の変更が行われている時に、勝手に変更したことを明細で知らせるのではなく、何らかの方法によって通知してくれる方が圧倒的に安心です。このように通知体制もしっかり整えていることが、プロパンガスを安く利用するために必要なことでもあります。

 業者が悪いところだと、こうした通知もしっかり行われませんし、勝手に適正料金以上の金額を適応することもあります。通知が正しく行われるのか、それを契約前に知っておくことも大事です。

プロパンガス基本料金の計算方法を教えます!

 

都市ガスに切り替える費用は?

    

どのような工事が必要?

 どうしてもプロパンガスでは契約できず、安い都市ガスに切り替えたいと思っている場合は、必要なことをやらなければなりません。

 プロパンガスと都市ガスは、ガス管が異なっていますので、工事をしないと利用することができません。ガスを供給する能力を持たせるために、都市ガス用のガス管を入れる工事をすることが最初に必要となります。

 これはガス管を引いてくるだけでなく、家の中にも都市ガスのガス管を付けなければならないので、当然のように家の中の工事も行うこととなります。どのような方法を採用しても、家の中の工事だけは絶対に必要となっており、全てを都市ガス仕様に変更しておかなければなりません。

 これによって、ガスを供給する能力が生まれることになりますが、都市ガス用の機器の購入もしなければなりません。プロパンガス用に作られているものから、都市ガス用に変更しなければならないので、そのために必要な物を色々と購入して、設置することとなります。

    

無理に都市ガスに切り替えた方が安く済むのか?

 ガス管が入っている場合、家の中だけの工事に抑えられることとなり、機器を購入すればすぐにでも都市ガスを利用できます。

 この場合は、切り替えたことによってかなり安く抑えることができますし、工事費用もかなり安い金額になる場合もあります。

 しかし、ガス管が家の周囲にないことが判明している場合、ガス管を引く工事が待っているので、高額な工事費用を負担することになります。

 無理をしてでも、都市ガスに切り替えることは決していいことではありません。工事費用が10万円を超えてしまうことになれば、切り替えて元を取るために最低でも5年位はかかってしまいます。場合によっては、10年以上も契約をしていないと、全く工事費用に見合った元が取れないこともあるので、無理をして変更することはあまりいいことではありません。

 工事費用の見積もりを取ってもらい、あまりにも高いと思っている場合は、プロパンガスの契約業者を変更するなどして、安いところに変更してみるのもいい方法です。

次はこの記事

Tokyo Tower with skyline cityscape in Japan

東京都のプロパンガス料金

目次1 東京都の平均プロパンガ ...