ホーム / プロパン・lpガスニュース / マイコンメーターが事故を防ぐ!

マイコンメーターが事故を防ぐ!

マイコンメーターとは

プロパンガスを使用している家庭には必ずマイコンメーターがついています。マイコンメーターとはガスメーターにマイコン・遮断弁・感震器・圧力スイッチを組み込んだものをいいます。今回はこのマイコンメーターについて詳しく説明したいと思います。
マイコンメーター

マイコンメーターの機能

ガスのつけっぱなしを防ぐ

お風呂のつけ放しなど必要以上にガスの使用時間が長い時にマイコンメーターが自動的にガスを止めてくれます。これによってうっかりガスをつけ放しにしることによる無駄なガス代を削減し」」また事故などのリスクも減らしてくれます。

地震を感知してガスを止める

ガスの使用中に震度5以上の地震を観測したときには自動的にマイコンメーターがガスを止めてくれます。これはプロパンガスが災害に強いと言われる理由の一つです。

配管のガス圧の低下を感知してガスを止める

雪下ろしなどで誤ってガスの配管を破損させてしまったりなどしてガス管の圧力が下がってしまった場合にもそれを感知してガスを止めてくれます。

ガスの無駄な使用を教えてくれる

季節の変わり目などで急激にガスの消費量が増えた時などにガスを止めることで消費者に合図を出してくれます。また前述したようにガスを出し放しにしている状況と同じ反応です。

消費者が自分の手で復旧できる。

このような異常事態でマイコンメーターがガスを止めた場合にも消費者自身がガスの使用を簡単に再開することができます。

マイコンメーターの機能がガスによる事故を未然に防ぐ

 
 ガスによる不可抗力の事故としてまず考えなければならないのは、大型の地震です。日本は地震大国といわれているくらい地震が頻繁に起こりますので、その対策をしておかなければなりません。そこで、マイコンメーターの機能が役立ちます。

 もしも大型の地震が発生したときガスの供給がそのまま続けられていたら、ガスコンロを使用している家庭で火災が発生してしまうかもしれません。それを防ぐためには、ガスの供給をストップさせてしまえば良いんです。大型の地震をマイコンメーターが感知すると、自動的に供給がストップする仕組みになっています。

 災害時はまず自分の身を守ることが大切で、ガスのことまで気を回す余裕はありません。ですから、マイコンメーターの機能によって災害時にガスの供給がストップされることは、災害がひろがらないようにするという重要な役割があります。

 また、そんな大型地震以外でも、マイコンメーターは役立っています。うっかり調理などでガスを消し忘れてしまったら、それが引き金になって火災が発生してしまうかもしれません。ですが、マイコンメーターがあれば長時間の連続使用を感知し、自動的に供給をストップする機能があります。これならば、安心できます。ですので、マイコンメーターがあればガスによる事故を限りなく少なくすることができるのです。

次はこの記事

Lake Yunoko

栃木県のプロパンガス料金

目次1 栃木県の平均プロパンガ ...