ホーム / トップニュース / 三井物産、ブラジルガス会社を買収へ

三井物産、ブラジルガス会社を買収へ

三井物産、ブラジルガス会社を買収へ

三井物産株式会社はブラジル国内19州の地域ガス配給事業会社であるガスペドロ社の一部株式を取得するために、2015年10月23日にブラジル国営石油会社ペトロブラス社と株式売買契約を締結したので、紹介したいと思います。

買収額は約19億レアル、日本円で670億円にもなる見込みで三井物産の100%子会社である三井ガスを通じてペトロブラス社が100%保有するガスペドロ社株式の49%を取得します。

三井物産は2006年からブラジルのガス事業に積極的に参画していて、現在もブラジル国内8州でガス配給事業を展開中です。今回の買収により現在すでにガスを配給している8州に加えて新たに11州の、計19州で今後はガス配給事業を展開していくようです。

近年では鉄鉱石や原油などの価格下落で資源関連の事業が厳しい環境にある中、安定した需要が見込めるガス事業に今後力をいれる表れだと捉えることもできます。他の大手商社でも一時期収益の大きな柱といなっていた資源関連の業績が、このところ厳しくなっているだけに今後、各社の間で、こうしたインフラ関連事業を強化する動きが出てきそうです。

 

ガスペドロ社概要

 

・会社名:Petrobras Gás S.A.(ガスペトロ社)

・本店所在地:リオ・デ・ジャネイロ州、ブラジル

・設立:1992年

・資本構成:ペトロブラス社 51.0%、三井ガス 49.0%

・事業概要:ブラジル国内各州内・各管轄域内でのガス配給事業

 

出展:三井物産ホームページ

次はこの記事

Energy efficient house.

大手都市ガス業者赤字に転落

目次1 大阪ガス純利益が前年の ...