ホーム / 節約術 / 台所でのガス代節約術

台所でのガス代節約術

家庭で使っているガスの大部分は調理時と入浴時に消費されます。
つまり、ガス代の節約をしたい方はこの部分の消費量を減らすことがガス代節約に最も重要なことなのです。
そこで今回は調理中などの台所で簡単に実践できるガス代節約術をみなさんに紹介したいと思います。

調理中、調理後に可能な工夫

・皿洗いの時には、ボウルにお湯を張りその中に洗剤を入れて、前もって油汚れをふき取った皿を洗う。またすすぎは水に近いお湯の温度にすると節約効果がさらにアップ!

・野菜などをゆでる時には鍋に少量の水で十分!

・パスタやうどん、野菜のゆで汁などは捨てずに皿洗いの時などに使って無駄なお湯の使用は控える。

・お湯を沸かしたり煮物をするときは、小さい鍋よりも大きい鍋で調理をしたほうが熱の無駄がなく効率が良いため、ガス代を節約できます。大きななべ底の鍋で調理することで、年間1.3㎥のガス代が節約できるとされています。

・野菜の下茹ではレンジでするほうが安くでき、下ごしらえの時間も短くできるため、オススメです。さらに、電子レンジで下茹でする際は、野菜をラップで包むか耐熱容器に入れてラップをしてレンジであたためましょう。

ガス機器の種類~家庭用

・ペットボトルの水は冷蔵庫でなく常温で保存しましょう。沸騰までの時間が短くなるため、ガス代を節約できます。

・時間のかかる煮込み料理も、圧力鍋を使うと短時間ででき、ガス代を節約できます。また、保温鍋も初めに数分加熱し、その後は保温のみで料理が出来上がるため、ガス代の節約になります。

・ガスのバーナーの掃除も効果的です!ガスのバーナー部分の穴が詰まっていると熱効率が落ちてしまうため、竹串を穴に差し込んで掃除をすると効率化が図れます。

・炊飯器を利用した調理もガス代の節約につながります。

・中華鍋も全体的に均一に熱が広がるため、火のとおりが早くなり調理時間を短縮につながります。また、蓄熱性も高いので余熱で調理もでき、ガス代が節約できます。

意外と知らない節約術!

・鍋やヤカンを洗ってそのままコンロに掛けるのではなく、しっかりと水分をふき取ってからコンロに掛けることで、効率が上がります。
・炎が鍋からはみ出さないように火力を調整、鍋からはみ出す程強い火力で熱しても効率はあまり上がりません。はみ出さない程度の中火の方が良いでしょう。
・沸騰までの時間を短縮するために鍋に蓋をするのも効率をあげるには効果的な方法です。

 

料理

見過ごしがち?!余熱の利用

・あらかじめ沸騰させたお湯に麺を入れて、ほぐし、その後再度加熱して再沸騰したら蓋をして火を止めて、余熱効果で茹で上げます。

・煮物を作り際に、食べる前に作るのではなく数時間前に作り、材料がまだ硬めでも火を止めて、コンロにかけたまま置いておくだけで、余熱で柔らかくなった煮物を食べることができます。

・ゆで卵を作る際に、沸騰したら火を止めてしまっても、余熱で十分にゆで卵ができます。

他にも、パスタ・うどん・そば・インスタントラーメン・カレー・シチューなどがあります。

・二重構造の保温鍋や土鍋を使うと効率よく余熱を使うことができます。

・火を止めた後にコンロから下ろして、布などでくるみ、保温性の高い場所に置くと余熱効果が上がります。

・鍋自体を真空保温調理ができる容器や保温料理専用の調理器具を使い、熱を逃がさないようにしましょう。

思い切って調理をガスから電気へ!

ガス代は電気代に比べて、比較的値段設定が高いです。特にプロパンガスは基本料金が高いので平均で調理にかかるガス代は1ヵ月で2500円~3000円程度かかってしまいます。
IHに変えると調理にかかる電気代は約500円~700円に抑えることができます。オール電化に変えることで値段は安くなることが多いですが、それ以外にメリット・デメリットは生じるので慎重に考えてみてください!

以上が台所でのガス代節約術でした。ぜひ実践してみてください!

次はこの記事

年間のガス代の20%を節約するための鍵ベスト3

年間のガス代の20%を節約するための鍵ベスト3

ガス料金は、割と高くなってしま ...