ホーム / 節約術 / 夏にするべき効果的な節約方法!

夏にするべき効果的な節約方法!

夏場になると、色々なところで使いすぎてしまう金額が出てしまいます。夏だからこそ行いたい節約方法を使って、少しでも費用を減らしていくことが大事です。ある程度節約ができるようになると、生活に余裕も生まれてきます。

夏

ガス代節約

 

夏のガス代ってだいたいいくら?

 冬場に比べると、ガス代は非常に安くなるとされている夏ですが、それでも2500円程度は利用することになります。1人ぐらしになると、もっと安く抑えることは可能ですが、普通の家庭だと2500円程度は利用してしまい、これ以上減らしていくことはけっこう大変です。お湯を沸かすことは少なくなりますが、必要な場面はしっかりとあるので、そのタイミングでガス代がかかってしまうからです。

 お風呂には入るためには、どうしてもガスを利用して沸かさなければなりません。そのガス代については、温度を低く抑えることになりますので、冬場に比べれば結構安く抑えることができます。ただ、それでも使っている量はそれなりにあるので、基本料金などと合計すると、2500円程度は普通に使ってしまうものです。

 これを抑えるためには、色々な方法を利用して安くすることが大事になります。なるべく使わない時間帯を作ることと、使わないようにする工夫を続けることです。

猛暑を乗り切る!節約術


 

夏に光熱費を抑える方法とは?

 夏場にガス代を使わないようにするためには、温度を低く調整することも大事ですが、あまり利用しないようにすることが一番適切な方法です。お風呂を利用する場合は、1度下げてみるとか、お湯を利用するときに水をためておいて、これを使って洗うようするなど、使わないようにする工夫をしていれば、割と抑えることが可能となります。

 光熱費を削減するためには、とにかく使わないようにする工夫も必要なので、ガスの場合は使う量を抑えられるように、温度調整をしてください。電気の場合は、証明などをあまり利用しないように、明るい部屋に仕上げておくと電気代の節約も可能になります。

 夏場は、日が落ちるのが遅くなっていますが、その分暑さによって電気代が増えてしまいます。照明などを使わないようにして、少しでも節約できるようにしていると電気代は抑えられます。ガス代も同様に、使わない時間帯を増やすようにしていれば、節約がしっかりできるようになります。

節約

クーラーの節約方法

 

効果的なクーラーの節約方法

 
 夏場はクーラーを利用することは当然のことになります。使わないままにしていると、熱中症の可能性が出てしまうこともありますし、温度が高過ぎるとさすがに厳しい状態になってしまいます。なるべく使うようにしておきたいものですが、節約を一緒に行う場合は、温度調整をしっかり行ってください。

 クーラーは、つい涼しくするために温度を低く抑えるようにしてしまいますが、実際には温度調整をして、少し高めに設定すると節約できます。1度違うだけで結構電気代に影響が出てくるので、1度でも高くするようにして、涼しくできるようにする工夫をしておきます。普通の方法では、温度を高めにしておくことで、クーラーが電気を余計に使わないようにします。

 ただ、温度を上げ過ぎると、全く効果を発揮できないので、ある程度の温度に調整することになります。28度位にすることが大事とされていますが、実際には温度調整的に厳しいところもあるので、ただ温度を上げるだけではダメなのです。

 

暑い夏をしのぐための正しいクーラーの使い方

 夏をしっかりと過ごすために、クーラーを正しく利用したいのであれば、フィルターを綺麗に掃除してから、冷房のスイッチを入れて動かします。この時に風の量を一番最大にすると、電気代がすごく高くなってしまうので、自動状態にしておくか、1ランク下げてから利用することになります。一番高い状態にすると、それだけ無駄なものが出てしまいます。

 また、ある程度涼しい風が来たら、扇風機を利用して風のサイクルを作ります。クーラーだけでは、部屋全体を涼しくすることがかなり難しいので、気流によって風を部屋全体に送り込めるようにしておくことが大事です。これだけでもかなり涼しくなるので、早めにクーラーの風量が減るようになります。

 風の通りを作るようにしていかないと、クーラーは常に暑いと感じてしまい、一番風の多い状態にして動き続けてしまいます。扇風機で風の通りを作っておくことによって、昔の機種でも早めに涼しく出来て、電気代の節約も可能です。

夏

シャワーの節約方法

 

夏のシャワー節約方法

 シャワーは、水の量を抑えることによって節約をすることができますが、シャワー側の設定を変更しても、なかなか抑えることは難しくなっています。どうしても節約をしたいと思っているなら、まずはシャワーヘッドを交換して、節水型にしてください。普通のヘッドは、大量に水を出すようにして、余計に使ってしまうことが多いのですが、節水型なら最低限に抑えることができます。

 ヘッドの交換はとても簡単なものとなっており、ただ回せば外すことができます。後は購入してきたヘッドに変更すれば、節約をすることができます。節水型にするだけでも結構変わることが多いので、とりあえず新しい物を購入して、そのヘッドを利用してシャワーを使ってください。なかなか節水できないものでも、タイプを変えれば簡単に可能です。

 また、温度を上げないように調整していれば、節約も可能になります。ガスによってたくさんのお湯を作ってしまうと節約できないので、温度を下げ気味にしておくとシャワーの節約もできます。

続く真夏日…けど節約もしたい方へ


 

シャワーはガス代と水道代どっちが高い?

 シャワーを利用するとき、ガス代と水道代のどちらが余計に使われているのか、これは意外と知られていないことです。実はガス代のほうが高くなっており、水道代はそこまでかかっていませんが、ガス代が倍近く使われていることも多いです。節約したいと思っているときは、1度温度を下げるだけでも、結構抑えられることがあります。

 ガスによってお湯を沸かさなければならないのですが、この時に使われるガスが比較的多いために、水の量に対してガスがかなり利用されてしまいます。水道自体は上下水道の両方を使っても、そこまで多くの水を使っているわけではありませんので、実はガス代が主体となっていると考えてください。温度さえ抑えれば、ガスは節約は簡単にできることもあります。

 夏場の場合は、かなりシャワーの温度を抑えるようにしていれば、それだけで節約ができることもあります。水の量を抑えることも大事ですが、ガスを使わないようにする工夫も必要です。

次はこの記事

Asian women under the rain with rain coat and umbrella

梅雨になるとガス代が節約できるようになります

目次1 季節の変化でガス代節約 ...