ホーム / 東京ガス / 東京ガスの自由化戦略

東京ガスの自由化戦略

 

 東京ガスは、より多くの分野へ進出するために、自由化を上手く活用して、様々なものの提供を行うようにしています。本来提供しているガス分野でだけでなく、別の分野への進出を図り、より多くの方に利用してもらえる方法を狙っています。

2つの自由化

 

東京ガスの電力自由化

 東京ガスは、電力自由化に参入しており、電気の小売事業も行っています。ガス会社が電気というのは変なように思われますが、実はガス関連も電気とのつながりを多く持っており、より多くのサービスを提供するために参入しているのです。東京ガスは、東京電力の高額な支払いを避けたいと思っている方を狙うために、電力自由化を行うようになりました。

 自由化によって、電力を提供することとなりましたが、小売業者として参入しているので実際に作っている電気はそこまで多くありません。ただ、費用負担を軽減できるように、参入した時の金額はそこまで高いものではありません。また、ガスとのプランを用意していることもあり、利用しやすいように作っています。

 参入したことによって、東京ガスは電力分野での販売も実現できるようになりました。こちらは参入する立場として色々やっているのですが、しっかりとプランを作り上げて、ガスと両方を使ってもらえる工夫をしているのです。

東京ガス


 

東京ガスのガス自由化

 これから東京ガスは、ガス自由化によって小売業者との戦いを強いられることとなります。ガスも自由化されることが決定されており、参入する企業が多くいるものとされています。こちらの場合は、供給することができる業者として、更に小売業者としての立場で、顧客を引き止めるための工夫をしていかなければなりません。

 ガス自由化も、電力自由化と同じような形で提供されることになっており、供給することができるのはガス会社となります。そして、小売業者はそのガスを購入して、普通のガス会社より安い値段で提供できるようにするプランを考案してくることになります。東京ガスは、小売業者として顧客を引き止めるため、さらなるプランの構築が求められることになります。

 自由化になったとしても、プランを変更することによって多くの顧客を残せるようにしたり、ガスと電気の両方を使ってもらえるようなプランを作成することによって、使い続けてもらうための方法を模索しているのです。

東京ガスの料金プランを解説!

東京ガスの電力事業

 

電力事業はうまくいっているのか

 東京ガスの電力事業は、参入したばかりとなっていますが、それなりの顧客を集めることには成功しています。失敗しているのであれば、もっとテコ入れをする可能性が高いですし、プランについても再変更してくることが予想されていますので、基本的に失敗しているというわけではありません。ただ、成功するためにはもう少し時間がかかる可能性もあります。

 顧客については、しっかり確保ができていることから、電力自由化は一定の効果を上げていることは間違いありません。ただ顧客を手に入れているとしても、他にも競合しているところは多くあるので、突然出て行ってしまう可能性はあります。それを食い止めるために、もっと色々な方法を考えて、入る人も増やしつつ、残って貰う人を多くしたいと考えています。

 電力自由化で、東京電力から切り替えてきた人はそれなりに多いので、東京ガスの電力事業が失敗していることはありません。これから更に効果が出てくれば、成功と言える状況は作られるかもしれません。

電力

 

電力とガスのベストミックス

 なぜ東京ガスがここまで成功することになったのか、それはガスと電気をミックスさせて販売できていることです。一般的な家庭では、ガスと電気を利用して生活ができるようにしていますが、これらの両方を販売できていることで、1つの会社に任せることができるメリットをもたせることができます。これが序盤での成功をもたせることに成功しています。

 更に、ガスと電気の両方を契約することができれば、プランで割引が期待できるなどのメリットを持っているので、これを利用して金額的に余裕をもたせている人もいます。安心して契約ができることを考慮すると、やはり両方の金額をしっかりと減らして、1つにまとめられるような状態にしておくことは、すごくいい方法なのです。

 ベストミックスといえるこの2つは、一般的な家庭の安心感を高めることができていること、そして確実に安くなっていることがわかるようになったので、プランを変更して参入してくる人が多くいるのです。

東京ガスは地震対策をしているのか

巨大企業東京ガスのガス自由化戦略

 

ガス自由化の弾みで電力自由化に対する更なる取組

 
 これから東京ガスは、ガス自由化との戦いをしていかなければなりません。ガスが自由化されると、小売業者は参入することになり、もっと安い金額でガスを提供することになってしまいます。東京ガスは、顧客流出の可能性が高くなっており、ガスのプランを変更することを考慮していますが、この自由化は電力分野への取り組みを加速させることにつながっているのです。

 ガスの契約が取れなくなってくると、自然と電気分野で新しい人をつなげて、その人にガスを宣伝して契約してもらう、こちらの方法が有効となってきます。更に電力自由化のプランを加速させることになり、もっと契約しやすいように、そして入って得をするようなプランをつくり上げることによって、多くの人に入ってもらえるようにします。

 電力自由化によって顧客を増やして、何とかガス自由化を食い止めたいことが、東京ガスの狙いでもあります。これがしっかりできていれば、東京ガスの顧客流出は最小限に食い止められて、しかも新しい顧客も増えることになります。

取り組み

 

ガス売り上げ減をカバーするための電源の強化

 ガス自由化によって、売上は下がることが予想されます。売上が下がってきた場合は、別の分野で増やすことが重要となっていますが、東京ガスは電力自由化に参入していますので、こちらの分野でまずは顧客を増やそうと考えています。売上減を別のところでカバーするのは、一般的な企業でも行われていることです。

 ただ、電力自由化で成功するためには、それなりに供給できる量を増やさなければなりません。そこで考えられているのが、電源部分の強化であり、東京ガスが電力自由化で多くの電気を供給できるように、更に発電施設を作るようにします。太陽光などの自然エネルギーを活用したものを使い、電源を多くすることで供給量を持たせる狙いがあります。

 これを利用することいよって、電源を自社で賄うことができるようになれば、電気代を下げることができる可能性もあります。更にガスとのプランを契約してもらうことによって、2つのプランで料金の値下げを行い、売上が減ってしまうガスの食い止めを図ることも狙っています。

次はこの記事

Smiling call center employees sitting in line

安心して利用できる東京ガスの生活サービス

目次1 ガスの消し忘れに対応、 ...