ホーム / 豆知識 / 自分の生活に合ったガスコンロ選びのコツ!

自分の生活に合ったガスコンロ選びのコツ!

ガスコンロ

 
最近のガスコンロは高性能化が進んでおり、古い物から買い替えるとあまりの便利さにびっくりしてしまいます。

 引っ越しや、新築、単純に壊れたなどの理由でガスコンロを買い替え、購入する際には、しっかりと目的に合ったものを選ばないと後悔してしまいます。

 ガスコンロを購入する際に、時に知っておいた方が良い事、気を付けたい事について紹介していきます。

ガスコンロの選び方

 まず、基本的なことになりますが、現在使っているガスコンロのサイズ、ガスコンロを設置する場所のサイズをちゃんと計っておきましょう。最近は一戸建てなどではビルドインタイプのものが増えているため、サイズを間違えるときれいに入らなかったり、隙間が空いて使いにくくなってしまいます。昔ながらの設置式なら多少サイズが違っても問題はありませんが、ビルドインならしっかりサイズは把握しておきましょう。

ガスコンロの機能性について考える

 グリルの性能について考えてみましょう。

 最近のガスコンロでは、魚焼きグリルや火口にも様々な工夫がされています。特に鍋を乗せる火口で注意が必要なのは、火力の違いです。コンロは右側と左側で火力が違う設定のものが多く、そこを考慮せずに購入すると、いざ使用を開始した時に使いにくくなってしまいます。

 今まで慣れている組み合わせを使うか、両方の火口が同じ火力になっているものを選ぶようにしましょう。

 また、魚焼きグリルの場合、ただ魚を焼くだけの物、オプションでさまざまな調理に使える物、焼いた際の煙を減らす機能があるもの、更には遠赤外線を発して魚が美味しく焼けるなんてものもあります。

 実際に色々な料理を作る方なら多機能なものが良いでしょうし、あまり使わないのなら低機能のもので安くしても問題ないでしょう。

人気のガスコンロ!ビルトインタイプ

掃除がしやすいガスコンロ

 ガスコンロを選ぶ際には、掃除の手間も考えなくてはいけません。昔のコンロのように五徳の下に皿がついているようなものだと、隙間に入り込んだ汚れを掃除するのに結構な手間がかかってしまいます。

 また、ガスコンロの表面についても、加工が無い物では焦げ付き汚れの掃除にかなり時間と力が必要になってしまいます。

ガスコンロは進化している

 最近では、汚れが貼りつきにくい加工がされたトップ、拭き取りやすいように五徳の下に皿がついていない物が主流になっています。

 このトップの加工によっても価格は変化します。特に高級なものは複数の種類のコーティングを重ね、耐久力と汚れを弾く能力を両立しています。安い物ではフッ素加工のみの物もありますが、一定期間以上使い続けると簡単にはがれてしまいます。耐久力と汚れ防止を考えた場合、最も信頼できるのは強化ガラス製のトッププレートです。コーティングではないので、はがれることもありませんし、見た目も美しいと良いことづくめ、余裕があるならまずガラストップの物を選びましょう。

BBQのガスコンロは良いコンロで時間短縮!

安全性のあるコンロを選びましょう

 
 安全性についても重要な基準です。

 上位機種には様々な安全装置が搭載されており、空焚き防止、過熱防止、温度の自動調整などの機能が搭載されています。

 一人暮らしで調理中にはまずコンロの前から離れないと思っていても、宅配便や急な来客で慌てて離れることもあるかもしれません。高機能なものは必要ありませんが、空焚き防止や吹きこぼれ防止などの機能は付いているものを選んだ方が良いでしょう。

 小さな子供が居るご家庭なら温度管理機能がついているものがオススメです。煮物や揚げ物の場合、細かく温度を調整しないと焦げ付いたり仕上がりが悪くなってしまいますが、コンロで自動で温度管理が出来るので、多少周囲に気を配っていても安心して調理が出来ます。

 コンロは製品によって色々違いがありますので、出来る限り自分の生活に合ったものを選ぶようにしましょう。

次はこの記事

Car riding under heavy rainfall.

梅雨とガスの正しい付き合い方

目次1 梅雨時の節約シャワー2 ...