ホーム / プロパン・lpガスニュース / 都市ガスとプロパンガスの価格差

都市ガスとプロパンガスの価格差

 都市ガスとプロパンガスの価格を比べてみると圧倒的といっていいほど都市ガスの方がプロパンガスよりも安くなっています。全国の都市ガスとプロパンガスの業者を比較するとその価格差は1.3倍から2倍以上の開きになっていることがあります。なぜ都市ガスとプロパンガスにはこれほどの価格差ができるのでしょうか。

価格差の原因

 一つ目はプロパンガスの業者間の特有の問題があります。プロパンガスを取り扱っている業者は全国レベルで言えばかなりたくさんあるのですが、お互いに供給の住み分けがしっかりとできていることもあり、プロパンガスの業者同士の競争が行われていないことがあげられます。

業者間の価格競争が行われないことでプロパンガスの価格が下がりにくいという構造になっているのです。

 もう一つはプロパンガスの販売には人件費が大きくかかっていまうことにあります。プロパンガスの場合にはガスボンベの交換作業は手作業でありますし、設備の点検などもすべて人間がしなければなりません。手作業が多い分人件費がかさんでしまいますから、プロパンガスの代金に人件費分が上乗せされているのです。
 
都市ガスではガス管工事によりガスボンベの交換などは必要ありませんし、ガスの供給もほとんどの都市ガスではコンピューターで一括して制御されているので、プロパンガスに比べると人件費ははるかにかからない構造となっているのです。

CSS_zangyougirl1292500

ガスの不思議な料金差

プロパンガス販売店を調べていると、良心的なビジネスをしているガス販売店のプロパンガスの値段と都市ガスの値段は大差無いように思います。

ガスの値段は都市ガス、プロパンガスは地域による価格差が大きい傾向です

同じ都市ガスでも地域によって価格差があります。

都市ガスと違って、プロパンガスが高いといわれるのは、ガス設備のリースやローン込みの価格、賃貸住宅向けの価格等が関係しているのでしょうか?

安いガスを購入している方は高いガスを購入している方の 2倍の量のガスを使っていても、ガス代は安いガスを買っている方の方が少ないことになります。

ガス代が安いから節約できていると思っていると、ガス単価が安いだけで無駄なガスの使い方をしていたり。ガス代が高いのは節約できていないからだと思っていたら、ガスの単価が高いだけでガスの使用量は少なかったりします。

※以前にも記事にさせていただきましたが、使用量と単価の確認は節約の要です。

しかし、灯油や電気の値段が地方によって 3倍も値段が違うということはないですし、何故、ガスの値段だけが地方によって 3倍も違うかはホントに不思議です。

プロパンガスは世界中のどこで買っても同じ熱量、日本は輸入しているので原価は同じはずなんですけどね。

輸送コストが地域で違うと考えても、灯油で比較すると灯油の値段が東京だとリッター 100円としも、例えば新潟県は 300円だと納得できますか?

原価は同じ!品質も同じ

何処から購入するかで 3倍近い価格差が生じるプロパンガスは金額設定自体が変だと思いますよね。

何処から購入するかが一番の節約に繋がりますし、良心的なビジネスをしているガス販売店さんが増えることを願っています。

[adrotate banner=”2″]

次はこの記事

Lake Yunoko

栃木県のプロパンガス料金

目次1 栃木県の平均プロパンガ ...