ホーム / top記事 / 都市ガス新規参入事業者予測!

都市ガス新規参入事業者予測!

 電力自由化によって、様々な会社が電力事業にも参入していますが、都市ガス自由化を機にガス業界にも参入する可能性があります。都市ガスは、安さと供給力を持たせられるために、事業者の参入が期待されています。

電力会社部門

電気
   

新規参入事業者予測

 電力会社では、電気とガスの両方をセット販売する仕組みを採用したいと考えていることから、2017年以降にセット販売を行う可能性があります。参入すると思われているのは、東京電力や関西電力、中部電力のように、都市部の地域を中心としているところです。他にも、九州電力や四国電力が参入する可能性があり、電力会社が比較的多く参入してくる可能性があります。

 このような参入してくる会社は、ガスと電気のセット販売をして、得をするように設定することになります。参入することで、ガスだけを単独で購入してもらうのではなく、電力と一緒に契約することで得をするようにしているのです。電力自由化で、出て行ってしまった人を、ガスとのセット販売によって取り戻すための対策を行うものとされており、参入する可能性は非常に高いものと予想されます。

   

電力自由化から読み取るサービスとプラン予測

 電力自由化では、ガスとの契約をセットにしているガス会社がありましたが、電力会社は、おそらく電気とのセット販売を中心にすると考えられます。プランとしては、単独でガスの契約できるもの、電気とセットで販売されるものの2種類になると考えられ、基本的に電気とセットにしたほうが、圧倒的に得をするようなプラン設定となります。電気のプランも豊富に持っているので、色々なプランの中から、ガスとセットにしたことで得をするような形にすることとなります。

 ガスを利用してもらうことも大事なのですが、電気とセットにしないことには、自分たちが提供している本当の商品を出すことが出来なくなってしまいます。そのため、ガスだけを単独で契約してもらうくらいなら、もっといいものを一緒に契約してもらうことが必要になります。そこで、電気とのセット契約にすることで、利用しやすいように工夫しているのです。
 
 セット割引も豊富に用意して、こうしたプランなら年間でこれくらい安くなることをしっかり提示することも当然あります。これによって、電気と一緒なら安くなりそうだなと考えられるようになり、契約者を増やせる狙いがあります。

携帯・通信会社部門

携帯会社
    

新規参入事業者予測

 電力自由化の際にも、携帯事業者の参入がありましたが、都市ガス事業にもおそらく参入したいと考えています。多方面で利益が出せるようにしていないと、携帯事業だけでプラスを維持していくことが難しいこと、格安SIMによって、どんどん契約者流出の状態になっているため、少しでも別の利益確保を目指していることが理由です。

 参入するとされているのは、大手事業者のKDDIとソフトバンクが有力です。docomoは通信会社としての立場を取っているため、基本的に参入することは無く、この2社が参入してくるものと思われます。既に電力自由化でも参入している事業者であり、より信頼できるプランを用意して、都市ガス事業にも挑戦するものとされます。

 こうした携帯事業者の場合、おそらく全国規模で展開することが予想されますが、場合によっては関東限定とか、都市部を中心としている契約にとどめる可能性があり、多方面で展開するかどうかは微妙なところです。

     

電力自由化から読み取るサービスとプラン予測

 都市ガスをどのように安く提供するのか、この部分はとても大事なことです。携帯事業者は、ほぼ間違いなく携帯電話との契約をセットにしてくるものと思われているので、携帯電話を一緒に契約してくれれば、ガスの料金が安くなるか、携帯料金を安くするかの2つの方法を採用することになります。どちらの場合でも、お得なプランになるように設定を変更して、多くの人が利用しやすいように計画すると想定されます。

 また、電力自由化でも参入して、電気事業も持っていることを考えると、電気とガス、さらには携帯電話の3つを一緒のプランに設定することで、相当安いプランを実現することが出来ると思われます。この3つを全て契約してくれれば、料金がこれだけ安くなるという通知は絶対に出してくることと思われるので、おそらく3つの部分を全て変えてくれれば、かなり料金を抑えられる契約を持ってくるはずです。
 
 通信分野にも参入しているKDDIは、ネット回線も含めて検討することも予想されます。

石油・燃料会社部門

ガソリン
     

新規参入事業者予測

 燃料事業を行っているところは、石油の需要が減りつつある以上、別の燃料にも手を出してくる可能性があります。都市ガスは、輸入して貯蓄するための設備が必要ですが、燃料事業を行っているところには、そうした設備を持っていることが多いです。そのため、参入に必要な部分が減っており、入りやすいことも事実です。

 ここで参入することになる事業者としては、最大手のENEOSが有力です。ENEOSは、多方面での事業展開も視野に考えているところで、都市ガス事業はかなり利用しやすいと考え、入ってくると見られます。また、昭和シェル石油についても、事業としてガスを検討している可能性があるので、こちらも参入する可能性があります。

 この2社以外のところは、おそらく参入をしてこないため、大手の2つが都市ガスにも手を出す可能性があると予想されます。小さい会社が入るほど余裕は無いと思われますから、大手が主体となって入ってくることは間違いありません。

     

電力自由化から読み取るサービスとプラン予測

 燃料事業を行っているところが、これと契約をすればいいというプランを出してくるとは考えづらいところです。ただ、電力自由化で参入しているENEOSの場合、電気とガスをセットにしているプランを検討している可能性があります。ガソリンスタンドで使える、何らかの割引サービスも一緒にプラスすることで、車を運転している人、燃料を調達して生活している人にも、使いやすいようなプランを考えていると予想されます。

 昭和シェル石油も、電力自由化で参入している企業であり、おそらく行う場合は、ENEOSと同じパターンを使うことになります。電気とガス、それに何らかの方法で、ガソリンスタンドのサービスを使いやすくすることが狙いです。車を運転している方にとって、利用しやすいサービスになっていれば、都市ガスの契約も使いやすいと想定されるのです。

 電気とガス、そしてガソリンスタンドのトリプル契約という形を採用することが狙いとなっていますが、スタンドは利用する人が減っていることから、電気とガスだけのプラン、ガスの単独プランも想定されます。

次はこの記事

Young Woman Sits in the Back of a Convertible, Her Arms in the Air, Laughing With Joy

都市ガス自由化について

 コンロ・レンジ・シャワー・お ...