ホーム / 都市ガスニュース / 都市ガス自由化の目的とは

都市ガス自由化の目的とは

 都市ガスの自由化は、もうそこまで迫っています。日本でもガスの自由化が行われて、小売業者が多く参入する時代となることは間違いありません。しかし、自由化をすることのメリットが本当にあるのか、大丈夫なのかの不安は解消した方が良いです。

ターゲット

なんのための都市ガス自由化?

 

目的は?

 
 なぜ都市ガスの自由化を実現しなければならないのか、これはガス料金が高過ぎるというのが理由の1つにあります。日本のガス料金は、世界で見てもかなり高い数字になっており、このままの状況を続けることが得にはならないと考えられています。そこで高額な金額を抑えるために、安く導入できる業者を参入して、価格を下げられるようにしたいと考えています。

 世界では、自分たちの国でガスを作ることができる方法を採用しているために、元々そこまで高くなくてもいい状態になっていますが、日本はガスを輸入で頼っているために、どうしても高い状態になってしまっています。しかし、これを引き下げることによって、ガス料金を安くして、世界水準にしたいと考えている部分があるのです。
 
 自由化によって、業者の人がしっかりと入ってくれるようになれば、ガス料金が大幅に下げられるようになり、現在の金額からかなり下げられる可能性十分に出てきます。これが自由化の狙いです。

 

誰が得するの?

 
 都市ガスの自由化によって、得をしている人は当然います。まず利用する側です。ガスを提供してくれる金額が大幅に抑えられるようになりますから、今まで支払っていた金額よりも安くガスを使えるようになるので、ガス料金を抑えることができます。自由化によって、全体的に料金が下がってくるようになれば、利用する側はかなり得をすることになります。
 
 もう1つ得をすることになるのは、実は電気会社です。電気を提供している会社は、ガスを貯めることのできる場所を持っているのですが、これを使ってガスを提供することができれば、電気以外の部分で稼ぐことができるのです。これが非常に大きなポイントとなっており、ガス会社に取られてしまった顧客を、再び取り戻すことが狙いとなっています。

 このように、得をしているのは利用している側だけでなく、提供する側にもあることを知ってください。電気を提供している会社は、電力自由化の分を、ガスによって戻したい狙いがあります。

都市ガス自由化メリット・デメリット

サービスと料金

 

サービス向上のため

 
 自由化を行うためには、サービスの向上は欠かせないものです。ガスを的確に供給できるように、そしてガス自体を安心して提供できる体制を整えることは非常に大事なことでもあります。サービスの向上を図ることが、都市ガス自由化にも求められていることで、既存の会社がサービスを向上させて、更に安心感と利用しやすい状態を作ることも狙いにしています。

 安心できるような状態になると、それだけ利用しやすくなりますし、ガスの心配をすることがありません。そして、サービスが向上されることによって、プランなども多く出てくることになりますから、新しいプランによって契約しやすくなることもあります。色々なことが実現できる点が魅力的なところとなっているので、サービスの向上を図れる可能性も十分にあります。

 サービスが変わってくれれば、それだけ安心できる要素が出てくることになりますが、都市ガスを提供している会社が、自由化によって変わってくれることを促すために、こうした方法が採用されることになります。

 

料金引き下げのため

 
 現状の料金では、当然満足できる状態ではなく、高いと言われても仕方ないところがあります。その高額な状態になっている部分を、抑えるために必要なのが自由化になります。都市ガスを自由化することによって、小売業者が多く参入するようになり、こうした業者がしっかりとガスの価格を設定することによって、安い状態で供給できるようになります。
 
 ガス会社だけにすると、ある程度のラインを決めてしまい、それ以上の金額に下げることはまずあり得ないことです。そこで新しい業者を小売限定で参入させることによって、確実に料金の引き下げを行えるようにしています。販売する業者が、一般のガス会社よりも安い値段を付けておけば、それだけ価格競争が起こるとされています。

 小売業者は、色々なプランによって安いものを実現しようと考えており、既存の会社よりも大幅に下げることを狙っている場合もあります。安心して提供できるようにするために、業者で競争をさせたい狙いもあります。

都市ガス自由化の仕組み

海外では

 

海外の都市ガス自由化の目的は

 海外では、イギリスが一番大きな成果を挙げており、比較的小売業者の参入が増えています。元々日本と同様に規制をしているところではありましたが、自由化によって小売業者を参入させたことで、価格競争を進めることができました。ただ、イギリスの場合は、段階的に小売業者を有利にすすめるようにしていたため、実際にはかなり時間のかかることでもありました。
 
 段階的に規制を撤廃したり、新しく規制を作ったりしたことによって、小売業者に有利な状態となりました。これが非常に大きなことで、小売業者が続々と参入したことで、多くの成果を挙げています。価格が安くなるだけでなく、新しい業者が安定した供給を実現できるようにしていることが大きなことで、これによって小売業者の半分が新規業者に変わりました。

 海外では、より価格競争を起こすことによって、癒着体質を改善したい狙いがあります。ガス会社が強いパイプを持っていることを懸念して、自由化を行って新しい風を入れたいと思っているのです。

アメリカの都市ガスとプロパンガスの事情


 

海外の先行事例では目的達成できているか

 現状行っているところでは、ある程度の成果を挙げているところもあります。もちろん成功するまでには、相当な時間がかかっており、イギリスの事例でも20年近く必要となっています。ガスの自由化を行っても、ガス会社のパイプの強さは非常に強力であり、なかなか引き離すことができないところもあります。

 成功しているところは、法改正などによって小売業者を遊離していることもあり、法改正ができていない場合はかなり厳しいことが予想されます。安心感を重視する姿勢をもたせているためで、海外でもこの安心感によって、なかなか自由化が成功していない場合もあります。それでも小売業者を有利にしたり、有名な企業が入ったことによって、成功することがあります。

 価格を下げて癒着体質を改善する、これは一応達成している国もあります。価格を下げることができるのは、新しい業者を入れなければ難しいことでもありますから、一定の成果を出せる可能性は非常に高く、現実に成功しているところがあります。

次はこの記事

Hands Controlling

ガス自由化前の課題 <メンテナンス義務>

目次1 ガス機器のメンテナンス ...