ホーム / 都市ガスニュース / 都市ガス自由化を知ろう!

都市ガス自由化を知ろう!

コンロ・レンジ・シャワー・お風呂・乾燥機・ストーブ…どれも家庭でよく見かける、使ったことがない人の方が珍しい生活用品ですね。これらはある共通点があるものなのですが、何だと思いますか?

そうです!全てガスを使う製品なんです。このように、今や私たちの生活に欠かすことのできないガスですが、ガスが供給される仕組みをきちんと理解している人は案外少ないかもしれません。

そこで、今回はご存じの方もいる通り2017年4月から都市ガスの自由化に向けてガス供給の仕組みについて改めて理解していきたいと思います。仕組みを理解することガス自由化に備えて、お得にガスを利用できる賢い消費者になりましょう!

都市ガス会社が自由に選べる!

従来の仕組み

都市ガスとはガス管を通じて各家庭に供給されるガスのことです。現在は地域独占の状態にあり、地域にある特定の都市ガス会社(関東地方なら東京ガス、関西地方なら大阪ガス…etc)からのみ都市ガスを契約、供給できるようになっています。

つまり、消費者に都市ガス会社を選ぶ権利がなくどのガス会社から都市ガスを供給されるのかは住んでいる場所によって自動的に決まっているのです。このため、今まで私たちが都市ガス供給の仕組みについて詳しく理解していなくても困ることは少なかったのです。

しかし、都市ガスが自由化されたらそういうわけにもいきません。都市ガスは2017年4月から政府によって電力につづき自由化されることになります。自由化によって私たち消費者は契約するガス会社を自由に選べるようになるということです。

Modern flat design conceptual ecological illustration with facto

自由化の目的

家庭向け市場の都市ガス自由化で新規参入が増えれば、ガス会社間での価格競争が始まることが予測されます。自由化後は消費者にガス会社の選択権があるので、従来の地域ごとに顧客が割り振られていた状態とは異なり、ガス会社側も顧客獲得のために従来の地域固有のガス会社よりも低い価格の料金プランを提示してくるでしょう。

価格・サービス面に期待

また、値下げ競争だけでは他社との差別化に限界があるので、サービスや技術革新の面でも各社の動きに期待できます。従来よりも質の高いサービスで差別化する動きが出でくるでしょう。ガス料金の値下げ、サービスの向上どちらも私たち消費者にとっては嬉しい話ですね。

自由化の疑問解決!

どうやって供給するの?

新規参入のガス会社のサービスや価格は気になる…けど、新規のガス会社と契約したら工事とか契約の切り替えとかいろいろ面倒なのでは?と悩む方もいるかもしれません。しかし!その心配は不要なのです。

ガス自体は変わらず

なぜなら、今回の都市ガス自由化、新規参入業者はガス管を新たに作るわけではなく、従来のガス会社が所有するガス管を新規参入業者が託送料金を払って使用させてもらう形をとるからです。簡単にいうと、今までの地域の特定の都市ガス会社(東京ガス・大阪ガスetc)のガス管を新規参入会社がお金を払って使わせてもらう形になります。

つまり、都市ガスの自由化によって、新規参入業者が各々新たなガス管を作るのではなく、既存のガス管をすべてのガス会社が共同利用できるようになります。ガス管の所有はこれまでの地域のガス会社が持ちますが、これらのガス会社は新規参入会社にガス管を貸すための条件をつけることはできても、貸し出しを断ることはできません。新規参入のガス会社と契約しても自宅のガス管は今まで通りで大丈夫なのです!

安全性は?

新規参入業者と契約することに安全面から心配している方もいるかもしれません。しかし、安全性もちろん問題ありません!というのも新規参入業者から供給されるガス=ガス管を所有するガス会社が購入したガスだからです。

ガス管も今までと同じ

これは、ガス管を所有する従来のガス会社(東京ガス・大阪ガスetc)がガス卸+託送の役割を担い、ガス管だけでなくガスそのものを新規参入業者に貸しているからです。このため、私たち消費者に届くガスは新規参入業者と契約しても従来のガス会社と変わらない質・安全性のガスが届きます。

まだまだこれから!

こんな懸念も…

しかし、新規参入業者が従来のガス会社からガス管もガスも借りているとなると新規参入業者のガス代=(従来ガス会社からの)ガス管の借り賃+(従来ガス会社からの)ガス購入費用+利益となってしまうのは避けられません。

LPガスはまだ

新規参入業者のガス料金には託送料金が含まれるので結果的に従来のガス会社の料金とあまり変わらない可能性もでてきてしまうのです…また、今回のガス自由化は都市ガスに関してのため、LPガスの使用が多い賃貸物件は都市ガスの自由化の恩恵を直接は受けられないでしょう。

多事業との関連

gas pipe line that laid through green field
けれど、ここで肩を落としてしまうのはまだ早いです!まず、電力自由化の時と同様に

新規ガス会社の参入により、ガス代そのものの値下がりより、新規参入業者特有のガスと他の事業(携帯電話・ガソリン・電気etc)のセット割引に期待できます。

また、電気、ガスをまとめて同一業者と契約することで、利便性の向上も見込めます。新規参入会社が消費者のこの意向をくみ取り、エネルギー全体で割安な料金プランが提供される見込みもあります。

high voltage post.High-voltage tower sky background,besides the highway.

さらに…まだ少し先の話にはなってしまいますが、都市ガス自由化後も新規参入ガス会社は従来のガス会社が所有していたガス管を使うことになります。つまり、新規参入業者は永遠にガス管料金を既存のガス会社に払わなくてはならないことになてしまいます。それでは、私たち消費者が新規参入ガス会社に支払うガス代も託送料が含まれた料金から変わらないのでしょうか?

また仕組みが変化する

そんなことはありません!2022年には導管分離というこの難点の解決策がとられる予定です。導管分離とは、政府が新規参入ガス会社にガス管管理部門を新たに別会社化させることを条件に、自社のガス管を埋設することを許可することです。

導管分離によって、自社のガス管を持った新規参入ガス会社は提示するガス料金に託送料がかからないため、より安いガス料金プランを私たちに提供してくれるでしょう。今から期待ですね!

次はこの記事

電力自由化とガス自由化の相違点と共通点

電力自由化とガス自由化の相違点と共通点

電力自由化とガスの自由化は、似 ...