ホーム / 節約術 / 猛暑を乗り切る!節約術

猛暑を乗り切る!節約術

今年もかなり暑くなりそうですね。
こんなに暑いと、エアコンを使う時間も増えますし、帰宅したらすぐにシャワーを浴びたくなります。
エアコンを使い続けると電気代が大変ですし、シャワーも毎日となるとガス代が気になります。
そこで、夏場に思う存分エアコンやシャワーを浴びても光熱費を節約する方法をご紹介します。

 

エアコンにかかる電気代を抑える方法

エアコンを使う際に電力を最も使うタイミングはいつでしょうか?
それは、部屋の気温を下げている間です。
設定温度から室温が高ければ高いほど、設定温度に下げるまでに時間がかかりますし、エアコンもフルパワーで稼働するので、電力を最大限に消費し続けます。
また、真夏には、外気温や日光によって建物が暖まってしまい、室温が高くなりやすい状態になっています。
そうなると、設定温度に維持するのに必要なエネルギーも多くなってしまうので、電力消費も増加します。
というわけで、エアコンを使う際には、室温があまり変化しないように熱を取り込みやすい窓に細工をしたり、エアコンの冷気が十分に行き渡るように風の流れをうまく作ってあげます。
外の熱が入ってこないようにするには、窓の外にすだれをかけて日光を遮ったり、窓に断熱フィルムを貼り付けるのがオススメです。
もし新築する予定があったり、リフォームを考えているなら、二重窓の設置をオススメします。
寒い地方ではポピュラーな窓ですが、一般的にはまだあまり広まっていません。
しかし、断熱効果も遮音効果もとても優れていますので、空調の効果を最大限に発揮でき、電気代の削減にとても効果的です。
室内に空気の流れを作るには、扇風機やサーキュレーターを活用します。
大がかりなものでは、天井照明のコンセントに取り付けるファンなどもありますが、一般的な扇風機でも十分に効果があります。
エアコンの冷気は部屋の床付近に溜まりやすいので、溜まった冷気を天井に向けて吹き上げると冷房の効果が高まります。
どちらも使用するだけでエアコンの設定温度を2度程度高く設定できるのでオススメです。

Happy woman taking a shower enjoying water splashing on her

シャワー使用時のガス代を節約するには?

 

汗をたっぷりかいた後のシャワーはとても気持ちいいですよね。
夏場は一日に何回も汗を流すためにシャワーを浴びるという方も多いのでは無いでしょうか?
そうなると、ガス代がかなりかかってしまいますし、水道代もかかってしまいます。
シャワーは湯船に比べてかなりコストパフォーマンスが悪いので、日常的に使っているとすぐに光熱費に跳ね返ります。
基本的に、シャワーなどのお湯を沸かす際には、水温と設定温度の差と、使用する水の量によってガス代が変わります。
水が冷たい冬場なら、設定温度までの差が大きいのでガス代が余計にかかりますし、夏なら水温がそこそこ高いので使用するガスの量も少なくなります。
水量は単純にそれだけの量のお湯を沸かしているので、年間を通して使う水の量が同じなら変化はありません。
この二つの要因のうち、水温に関してはあまりやれることはありません。
節約を考えるなら、使用する水の量を減らす方が簡単です。
シャワーヘッドの場合、一般的なものは一分間に11L前後の水を使用します。
これを節水タイプのものに変えると、一分間で8L程度まで水量を減らせるため、10分間使用したとすると30Lもの節約になります。
洗髪や体を洗っている間はシャワーを止めておくというのも効果的です。
一分間で数リットルも水を出し続けているので、使わないだけでも一ヶ月で考えるとかなり削減が可能です。
ガス自由化も控えているので、この機会に自宅でどんな風にガスが消費されているか、無駄に使っているところは無いかを調べてみると良いかもしれません。

シャワーと湯船どっちで節約する?

続く真夏日…けど節約もしたい方へ

次はこの記事

Asian women under the rain with rain coat and umbrella

梅雨になるとガス代が節約できるようになります

目次1 季節の変化でガス代節約 ...